九州大学 地球システム工学コース
九州大学 地球資源システム工学専攻
 
  TOPEnglishPage  
  学部の紹介
大学院の紹介
研究室の紹介
講師の紹介
卒業生の進路
国際研究コース
世界展開力強化事業
リーディングプログラム
持続的資源系人材育成プログラム
国際研究コース
甲寅会(同窓会)
出前講座
交通アクセス
更新情報


九州大学工学部
九州大学大学院工学府
九州大学

 
TOP > 研究室のご紹介 >資源開発工学研究室
研究室

教授 佐々木久郎
Prof.
SASAKI,Kyuro

准教授 井上雅弘
Assoc. Prof.
INOUE, Masahiro

准教授 菅井裕一
Assoc. Prof.
SUGAI,Yuichi
鉱物資源,エネルギー資源,最適化設計,経済性,安全工学, 労働衛生,通気・空調, CO2地下貯留,水素利用安全, 微生物
資源・エネルギーの開発・生産システムと最適化,CO2地下貯留,
通気・空調,地下空間の防災と環境予測,水素の流動と燃焼, 微生物を利用した資源生産
資源開発生産工学,空調衛生および安全工学,資源流体工学,流体力学第一, エンジニアリングエコノミー, 資源システム工学実験第一&第二

社会活動や私たちの生活に不可欠な“鉱物資源とエネルギー”の採収には,それが存在している状況に応じた総合的な工学アプローチとそれに対応した経済的な生産システムが必要です。また,それらの資源を安全に生産するためには,適切な生産技術と労働環境と安全に関わる技術や地下の特性についての知識が必要です。
  資源開発工学研究室(REPS)では,新たな“資源フロンティア”を支える開発・設計・生産システムの最適化や資源生産にともなう環境環境と安全についての教育・研究を実施しています。さらに,地球温暖化防止に関わるCO2地下貯留、地下の火災発生時における空気流の制御技術,将来の水素利用社会における安全確保の研究や有用微生物を利用した環境にやさしい資源生産システムなどの研究にも取り組んでいます。


資源開発工学研究室へリンク










 

九州大学