CURRICULUM

カリキュラム

育成する人材像

共同資源工学専攻は、限られた鉱物資源を有効に活用して人類社会を将来にわたって持続・発展させていくため、科学・技術と社会・経済の双方にわたる高い知識と国際性を兼ね備えた、資源確保の未来を担うグローバル人材を養成することを目的としています。そのために共同資源工学専攻では、両者が有する資源工学の教育リソースを共有し、以下の能力・素養を修得させるための教育を展開します。

従来より、九州大学は資源分野の“上流”に位置付けられる「地質・探査」や「採鉱・選鉱」に関する教育を得意としており、北海道大学は資源分野の“ 下流”に位置付けられる「製錬」や「環境保全」に関する教育を得意としています。

本専攻では、学生が両大学で講義や演習を履修することで、資源分野の上流から下流までを網羅した、資源工学に関わるすべての技術を理解した高い俯瞰力を持った人材を養成します。

また、国際インターンシップや留学生とのディベートのセミナーなどを通じて、異文化・社会の相互理解を促し、高い国際性を身に付けます。さらに、従来の両大学の資源系専攻のカリキュラムにはなかった資源マネージメントの教育を導入し、国際的な政治や経済の動向などを考慮した資源開発のデザインやマネージメントを担いうる能力を身に付けさせる教育を展開しています。