九州大学 地球システム工学コース
九州大学 地球資源システム工学専攻
 
  TOPEnglishPage  
  学部の紹介
大学院の紹介
研究室の紹介
講師の紹介
卒業生の進路
国際研究コース
世界展開力強化事業
リーディングプログラム
持続的資源系人材育成プログラム
国際研究コース
甲寅会(同窓会)
出前講座
交通アクセス
更新情報


九州大学工学部
九州大学大学院工学府
九州大学

 
TOP > 研究室のご紹介 >応用地質研究室
研究室

教授 渡邊公一郎
Prof.
WATANABE, Koichiro

教授 今井 亮
Prof.
IMAI, Akira

准教授 米津幸太郎
Assoc. Prof.
YONEZU, Kotaro



金鉱床,希土類資源,火山,環境,年代測定,フィールド科学
浅熱水金鉱床・斑岩銅鉱床,火山活動の推移予測
ラテライト中のREE及び白金族元素,イオン吸着型REE鉱床
自然界の微量元素濃集機構に学ぶリサイクル
地球システム学概論,資源地球科学,環境地球科学
フィールド地球科学演習,地球システム工学実習

応用地質学研究室は、鉱床の生成モデルを通じて鉱物資源の調査に寄与するほか、地質現象に関連した自然災害の防止、環境低負荷型の廃棄物処分法などに関する学問分野を担当しています。地球資源、地球環境、自然災害などに関わる諸問題を解決するため、世界各地の研究地域でフィールド調査を行ない、また様々な分析手法を使って地球システムのマクロからミクロまでの研究を行なっています。卒業生は、日本国内はもとより世界の各地で多様な分野のエキスパートとして活躍しています。
  最近の主な研究テーマは、(1)浅熱水金鉱床や斑岩銅鉱床をはじめ島弧マグマの活動に伴って生成する各種の金属鉱床の性質と生成条件の解明、(2)火山噴出物の解析による火山活動の推移の予測、(3)実験地球化学的なアプローチによる熱水性鉱床の生成機構の解明、(4)熱水変質作用、花崗岩風化殻と希土類元素の濃集、水ー岩石間の相互作用プロセス、元素の挙動の解明(5)地熱水からのリチウム等有価鉱物資源の回収と有害元素除去の技術開発、(6)携帯電話・パソコンなどからの金(Au)回収法の開発及び含白金族元素触媒からの白金族元素の回収法の開発、などがあります。
  研究手法としては、岩石や鉱石、鉱物試料についての光学(透過および反射)顕微鏡観察やX線回折、SEM(走査型電子顕微鏡)、EPMA(電子線プローブマイクロアナライザ)による鉱物の同定や組織の観察と微小部分の化学組成分析、XRF(蛍光X線)及び湿式分析による全岩主成分および微量成分化学組成の決定、鉱物中に捕獲された流体包有物の加熱冷却実験による熱水の温度や塩濃度の推定などを行ないます。また、海外大学との共同研究により、40Ar/39Ar法を用いて、岩石や鉱石を構成する鉱物が生成した年代の測定を行なっています。地球化学や実験地球化学、リサイクルに関する研究では、放射光を用いた実験をSPring-8などで行い、固体中の微量元素の化学形態を明らかにしたりしています。地熱水及び海底熱水中の溶存成分濃度の決定には、原子吸光法や、ICP-MSを用いています。固体中の微量元素測定には、レーザー励起のICP-MSも用います。


応用地質研究室へリンク










 

九州大学